TechAcademy(テックアカデミー)でRuby on Railsを学ぶWebアプリケーションコース

オンライン講座を受講してRuby on Railsでのプログラミングを学びたい方も多いと思います。そんな方におすすめのスクールがTechAcademy(テックアカデミー)です。

RubyはWebアプリケーション開発でPHPPerlと並んで使用されるプログラミング言語です。Ruby on Railsは世界中で利用されるRubyフレームワークです。

Rubyエンジニアの求人は、ベンチャー・スタートアップで需要が高く、初心者や未経験者でもRubyをマスターすることで転職や就職に有利といえるでしょう。

TechAcademyでバックエンドエンジニアの開発技術を学ぶ方法

テックアカデミーの講座は、目指すキャリアパスや学習目的に応じてコースが分かれています。

サーバーサイドやバックエンドと呼ばれるWebアプリケーション開発の技術を身につけたい方向けの講座としては「Webアプリケーション」のほかに「PHP/Laravelコース」「Java」「Scala」などのコースがあります。

そのなかで、Ruby on Railsでの開発を学びたい方やフレームワークについて学習したい方におすすめなのは「Webアプリケーションコース」です。

それでは、さっそくコースの内容についてみていきましょう。

TechAcademyのWebアプリケーションコース

テックアカデミーの講座はすべてオンラインを通じて提供されます。パーソナルメンターのサポートとチャット質問・課題作成で疑問を解消します。

受講者は、学習カリキュラムを完了することでRuby on RailsでWebアプリケーションを開発するスキルやGit、SQL、Herokuなどの技術を身につけます。また、キャリアチェンジのための転職支援をうけることも可能です。

カリキュラム

Webアプリケーションコースのカリキュラムを紹介します。

Ruby/Ruby on Rails

日本発の世界中で使われているプログラミング言語Ruby」を学習します。Ruby on Railsというフレームワークを使ったWebアプリケーション開発を学びます。

Git/GitHub

バージョン管理システムのGitを学び、自分のソースコードGitHub上で管理する方法を学習します。実践的なチーム開発での使い方に合わせて学んでいきます。

HTML5/CSS3

Webブラウザで表示するためにマークアップ言語のHTML5、あらゆるデバイスでスタイルを作るためにCSS3の基礎を学び、コーディングスキルを身につけます。

Bootstrap

デザインの経験が無い方にも簡単に素早くデザインが整ったサイトを開発できるフロントエンドツールについて学びます。

SQL

SQLはデータベースを操作するための言語で、Webアプリケーションの開発では必須のスキルです。Laravelと合わせて基礎からしっかり学びます。

Heroku

サービスを公開するためのPaaSと呼ばれるWebアプリケーションの置き場所です。Gitを使用していれば、Webアプリケーションを簡単に本番環境にデプロイできます。

学習のポイント

Rubyでのプログラミングを基礎から学び、課題では実際にWebアプリケーションの開発に取り組みます。

メッセージボード Twitterクローン オリジナルサービス

このような方におすすめ

身につくスキル

講師紹介

テックアカデミーでは、現役Railsエンジニア・プログラマーのメンターから技術を学ぶことができます。

Shinya Inoue

趣味でWebサイトを作ったことがキッカケでITに興味を持ちました。大学時代にはゲーム制作等を行い、C言語プログラマとして就職。現在はフリーランスとしてRubyを用いたWebアプリの開発や自身のサービスも提供中。

Tomoaki Kimura

前職は営業職という転職エンジニア。Rails歴は3年目。HTML5/CSS3にも精通しておりフロントエンドもこなす。現在は、フリーとして主にRuby on Railsに関する案件に携わる傍ら、民間の若年無職者就職支援団体にも協力中。

受講費用・料金

Webアプリケーションコースの受講費用は、社会人と学生で料金が異なります。

プラン 4週間プラン 8週間プラン 12週間プラン 16週間プラン
料金(税抜) 社会人 139,000円 189,000円 239,000円 289,000円
学生 109,000円 139,000円 169,000円 199,000円

学習時間の目安

1週間に確保したい勉強時間の目安も気になりますね。プランにより学習期間が異なるため以下の表を参考にするとよいでしょう。

プラン 4週間プラン 8週間プラン 12週間プラン 16週間プラン
学習時間の目安/週 20〜40時間 10〜20時間 7〜14時間 5〜10時間

受講の流れ

お申し込み・お支払い、アカウント発行

ウェブサイトのフォームから必要事項を記入してお申し込みできます。入金の連絡があるため、手続きをすすめましょう。アカウントが発行されると学習システムにログインできます。

学習開始

開始日からパーソナルメンターのサポートが始まります。オンライン上で学習、課題作成、チャットでの質問、メンタリングを繰り返し行い、Webデザイナーに必要なスキル取得を目指します。

オリジナルサービスを公開

PHPで開発してWebアプリケーションを公開しましょう。学習スケジュールの調整やカリキュラムの進捗などパーソナルメンターがサポートしてくれるので安心です。

コンテスト

オンラインブートキャンプ終了後は自分のプロダクトや成果を応募するコンテストもあります。第一線で活躍する経営者・CTOに最終成果を評価してもらえます。

まとめ

今回は、TechAcademyのWebアプリケーションコースについて紹介しました。

RubyはバックエンドやサーバーサイドのWeb開発で利用されるプログラミング言語です。未経験可のRuby求人も多いため、転職や就職もしやすいでしょう。

Webアプリケーションコースでは、Ruby on Railsフレームワークだけでなく、GitやSQLなどのスキルを身につけることができます。

カリキュラムは、受講期間が終了後も継続して閲覧できるので、復習に役立てることも可能です。

興味がある場合は、トライしてみてもよいでしょう。