tech boost(テックブースト)の年齢制限は?30代未経験からエンジニア転職成功のために

プログラミングスクールの「tech boost(テックブースト)」の申し込みを検討している30代の方も多いのではないでしょうか。また、40代・50代で未経験からエンジニア転職できるか悩んでいたり心配だったりするかもしれません。

この記事では、テックブーストに受講条件があるかどうかや30代前半・後半などからスクールに通い未経験からエンジニアで就職する際のポイントを紹介します。

tech boost(テックブースト)は30代でも通える?

新しいことを始めるのに年齢は関係無いといっても、中途社員の採用で未経験可の求人募集をする際にポテンシャルや若さを重視する就職先がほとんどです。

現にエンジニア転職を目指すプログラミングスクールでは、20代限定や35歳以下など年齢制限を課す講座も多いです。

テックブーストを受講する際にも、年齢制限や事前の審査などはあるのでしょうか。

tech boost(テックブースト)に年齢制限はない

結論からお知らせすると、テックブーストに年齢制限はありません。受講料を支払えば30代だけでなく40代、50代の生徒でも受講することが可能です。

公式サイトのFAQを確認すると、30代で転職が難しくても問題なく無料説明会に参加できると記載されています。

ただし、テックブースト受講生のほとんどは転職目的でスクールに通うため生徒のほとんどは20代や30代前半の若手が占める点は覚悟しましょう。

tech boost(テックブースト)は40代・50代も受講できる?

テックブーストに年齢制限はないため、30代後半や40歳、50歳といった年齢でも生徒としてプログラミングスクールに通うことが可能です。

ただし、その年齢で未経験からエンジニアへの転職を目指す場合は、かなりの勉強や就職活動が必要になる点には注意が必要です。

20代と比べ選考に進める転職先は限られますし、授業についていけないことも多いという点には留意しておきましょう。

tech boost(テックブースト)なら30代でもエンジニアになれる理由

テックブーストは、ITエンジニア向けのキャリア支援をおこなうBranding Engineerが運営するプログラミングスクールです。

そのため、転職・就職の面接対策や職務経歴書の添削などキャリア対策が充実しており、20代だけでなく30代での未経験転職実績も多いです。

また、テックブーストの講座は、オンラインのWeb講義とオフラインでの対面講義の両方に対応しており、社会人でも受講しやすいといえるでしょう。

ここからは、テックブーストなら30代でもエンジニアへのキャリアチェンジ転職の成功率が高いポイントをみていきましょう。

就職・転職について現役エンジニアに質問できる

テックブーストの特徴に、100%現役エンジニアの講師に質問できる点があります。講師として働く全員がエンジニアとして本業をもっているのです。

大学生やアルバイトが講師をする質の悪いプログラミングスクールもあるなか、講師の質を担保できており営業時間も確保されています。

実際にエンジニアとして現役ではたらいている人がメンターを務めるので、業界のリアルな話や就職先についても相談できます。

オリジナルアプリを開発して転職活動に活用できる

未経験者だからこそエンジニア転職の際に重要となるのが、プログラミングやWeb開発に関する勉強内容と個人での開発実績やポートフォリオの内容です。

テックブーストでは、カリキュラムのなかでプログラミング学習を進めるとともに、アプリの開発課題をおこないます。

各自オリジナルのアプリを開発するため、他のひととかぶらず転職の際にも自分の実績として見せることができ役立ちます。

30代でのエンジニア転職に成功している実績がある

テックブーストには、30代で未経験からプログラミングスクールに通ってエンジニア転職した例が沢山あります。

受講者の声や口コミ・評判を以下で紹介します。

30代でも未経験からエンジニア転職に成功するために

30代がIT未経験からプログラミングを勉強して、エンジニア転職に成功するために必要なポイントを紹介します。

一般的に30代が20代より不利であることは認識しておく

学歴や前職の経歴にもよりますが、一般的にジョブチェンジの転職では30代よりも20代のほうが有利です。

また、同じ30代とはいえ30代前半と30代後半では異職種への転職難易度が跳ね上がる点は押さえておきましょう。

つまり、30代がエンジニア転職を目指して行動するなら早ければ早いほどよいのです。

採用する側の企業からみて未経験を採用するなら、柔軟性やその後の働く年数などを考えて30代より20代のほうが好ましいという判断は納得できるでしょう。

スクールに通う前にプログラミングに慣れておく

30代のスクール受講生に多い問題として、受講終了までに力尽きてしまったり途中でレッスンについていけなくなってしまうなどの挫折です。

未経験でも大丈夫というスクールも多いですが、受講前に多少プログラミングを勉強しておくことで、途中での挫折リスクを減らすことができます。

スクールに通う前に、オンライン学習や書籍などの独学である程度はプログラミングを勉強しておくとよいでしょう。

まとめ

今回は、tech boost(テックブースト)の年齢制限や受講条件、30代・40代・50代などの年齢からのエンジニアへのキャリアチェンジについてみてきました。

ここまで紹介したように、30代で未経験からエンジニア転職は決して不可能ではありません。プログラミングスクールのカリキュラムを消化するとともに、ストイックに転職活動にとりくみましょう。

20代にくらべ30代、40代と年齢を経るほどに転職のハードルはあがっていきます。ミドル年齢での未経験転職では、悲観的にならずやるべきことをやれる忍耐力と着実な努力がもとめられるでしょう。